OtiS IV

まただよ。いつものタワレコに入ってこれを手に取った直後、怒濤の全曲ネタバレ開始。まあそれがいやならフラゲ日に行くなって話なのだが、どうも通販で必ず初回盤が入手できるという確証が持てなく(要するに信用してない)ついつい実店舗に行っちゃうんだなぁ。
そんなわけで久々に音楽の時間でございます。

01. Magic of Love
わりとわかりやすい歌詞とは裏腹に、平気でドラムパートが消えるわ間奏が各回で全然違うわ、およそ一筋縄ではいかないバックトラック。こういうのを普通にシングル曲としてどーんと出してくるのが、いかにもぱふゅらしいところ。
伸びやかさとはじける感を交互に見せるメロディも一発で記憶に残る。毎度とはいえ、さすがタイアップ用に書かれただけのことはある。氷結の次はピュレグミが提携常連になるのか?

02. Handy Man
詞は言葉遊び感覚全開。音はいまどきの四つ打ちながら懐古感も若干。ごく一部にしかわからん例えで恐縮だが TM の CLASSIX っぽくもあり。オリエンタルというより中東めいた風味もあり。後半になってサビのコードを一変させてくるところは Hurly Burly を思い出したりもする。
なお、タイトルの語句は慣用句かなにかと思って調べたら「便利屋」。ある意味「そんな楽なものがあったら苦労しないよねー」的なものとしては1曲めの「魔法」と一緒。

総評:
2曲ともやたら口ずさみやすいし勝手に身体は動くし、これからの季節、特にライブやフェス等で聴くには大変ぴったりなのではないかと。欧州ツアーが控えてたりいろいろあるけど、攻めの姿勢はまだまだ健在みたいで嬉しいね。とりあえずなかなか現場に行く機会のない自分は、一緒に買ってきたアジアツアーの映像でも観て楽しむとしよう。
で、その前に PV 観たけど逆再生すげー! 逆再生部分があると判っていても、紙吹雪観なかったら気づかなかったかもしれん。これは誰にでもできる芸じゃないわ。うん。

Do you like this?

同じカテゴリの記事