Review – V.A. : Handmade Gallery (2) / 2005.11.02

すいません、忘れてました…って訳じゃないんですけど。Disc 1 をお送りしてからだいぶ経っちゃいましたが、今更のように Disc 2 でございます。春のレビュー祭りとまではいかないものの、あまり溜めるのもよろしくないですし。
ただ、これが後手に回ってたのには一応理由がありまして。いや、ほら、散々聴きまくった後の TM 曲やソロ曲に今更新しい感想もないだろうと。ので、ちょっとそこらへんは飛ばし気味になるかもしれませんが、それはそれで見逃してくださいまし。

01. Time Passed Me By(TM NETWORK)
うわ、ほんとに Yesterday だ…って素で今気づきました。がくり。N から入ったわたしにとって、この曲は CLASSIX バージョンで意表を突かれたのがやたら印象的です。

02. さくらの花の咲くころに(渡辺美里)
これ聴くとつい Telephone Line を連想しませんか。同時期の曲だし。でもサビの美しさはやっぱり美里節ですよね〜。彼女専用に書いただけのことはあります。

03. seven colors(tohko)
木根さんとトーコって実は相性良いと思うんですよ。特にこれ収録のアルバムは癒し全開でしたし。チルドレン浮いてたし。

04. 思い出はクレセント(木根尚登)
懐かしいですねー、1st ソロの曲。1曲めから「おー、ニューミュージックだー」と、ある意味新しい世界が開けた気がしたのを思い出します。既に TM 曲との差異は歴然だったわけで。

05. あしたの私に会いに来て(鈴木あみ)
実はあみはスルー気味だったんで、初聴かもしれません。木根さん独特の上下激しいメロディ、頑張りましたね。

06. Love Songは歌わない(葛城哲哉)
実は持ってなかったりします。「最後の小物」べーやんは即買いだったくせに。
てっかんの言う通りなのは少々しゃくですが、確かに木根さん曲でこういう男気あふれた声質は貴重ですね。なんか新鮮です。

07. GIRL FRIEND(TM NETWORK)
7曲めなのは七日間戦争だからですか。
88年頃の曲って、ガラス細工的な繊細さを持ったものが多いような気がします。ロンドン録音なことが関係あるのか、先生の機材の関係なのか、はてさて。

08. PURE SNOW(佐々木ゆう子)
顔が似てたのかどうか忘れましたが、当時は「劣化ともちゃん」程度に思ってました。すいません。
曲の展開すごい綺麗ですよね。サビ直前のアクセントの付け方が結構好きです。

09. 明日、吹く風(岸谷五朗)
なんとなく吉田栄作氏と同カテゴリに考えてたりします。つーか、歌出してるじゃないですか! TRF で素人扱いしてごめんなさい…って本業歌手じゃないからいいのか。

10. 雨上がりの天使(雪広あやか)
「80年代の TM」を狙っただけあって、確かに7曲めに近いものがあります。しかし、ジャケがないと普通に「女性アーティストの曲」ですねこれ。こういうパッケージのされ方だと先入観なく聴けていいかも。

11. ホントの君 ウソの君(木根尚登)
といえばユンカース。映画同様ほっこりした気分になりますね。ねぇ、お父さん(の声やった木根さん)。

12. UNKNOWN TOWN~見しらぬ街~(木根尚登)
featuring の文字を見逃してたもんで、ボーカルが女声でびっくり。そうか、森口さんでしたか。そんなバージョンが…すいませんこのアルバム持ってません。

13. REASON(宇都宮隆)
これもないなぁと思ったら、発売元が発売元なので、つい買い渋ってしまったのでした。大ちゃんの曲もあったはずなのでそのうち…。
確かに Pale shelter ぽいですが、こっちの方がサビがすっきり明るいので爽やかですね。

14. ひとりじゃないから(近藤名奈)
出どころが古いだけあって、色々な曲のエッセンスをあちこちに感じられてちょっとおもしろかったです。

15. Fool On The Planet(TM NETWORK)
あー、Disc 1 とは別の意味で大団円ですねぇ。いいですねぇ。

総評:
どうしても「TM 最強」のひとことで済ませそうになるんですが。手持ちとかぶり放題かと思いきや、木根さんやウツのソロをだいぶ集めそこねていることに、今頃気づいたりもしました。
というわけで2枚とも聴いた感想としては、非常にお買い得でした。なんかすごく精神的に浄化された気がします。

Like
Share