Review – 浅倉大介 : Sequence Virus 2007-2008 / 2009.07.25

今日も音ネタ夏祭り。「ブログがすっかり別物になったよね」とつっこまれたからバランスとってるのもあるし、天気と体調が安定しないのもあって予定立ってないし。
で、遅ればせながらパッケージでも部活。あくせす大阪の物販のおかげで、やっと入手できたよー。関西の新星堂店舗で普通に売ってると思ったわたしが間違いでした、はい。今度から通販かなぁ。さて聴こう。表記は現物だと「2007-8」だが、ここはオフィに合わせておく。

ちょっとなんですかこの神すぎる Wish Matrix は!! CAUTION もパワーアップしとるし! このへんは07年なんやろな。初参戦が11月やから、きっとその前にやったんだ。ええなあああ。でもこうやって収録してくれて本当によかった。
Iceman 系以外ではプチプリも部活音源初聴き。これも多分07年。一時期自作着うたにしたほど好きなので、もう脳から何か出まくり。あと Gather Roses もサビが想像以上に部活向き。現場盛り上がりそう。
そういやキメラもメタバ曲なのに現場で聴いた記録がないし(レポ確認済)。船か。昨年唯一不参加の船か。なんてこったい。

などという事態が頻発したため、昨年以降の部活定番曲が出るともはや安心するレベル。右手や頭が勝手に動くのは基本だよね。ね。

ぶっちゃけ、03が大幅リアレンジ連発で神すぎたせいか、それ以降は徐々に「とりあえず収録してみました」感が出ていたように思うのだが、これは久々に来たわ。自分が半分参加してる思い入れを差し引いてもなお、2年分のいいとこどりは伊達じゃない。
あと、改めて考えると「メタバ曲が一部とはいえ CD として物理的に残ったこと」はもっと評価されるべきな気がする。配信慣れたけど、安心感が違う。

…てか、大阪を満喫した直後に聴いたのはまずかったかも。祭りの高揚感がそのまま身体に再現される。今週末の名古屋は間に合わん(チケ手配と財布の問題)としても、秋季ソロツアーに併設されるであろう回は全通したくなってきてしまった。あうー。夏臨が終わったら、うなぎ方面は少しおとなしくしないと駄目かなぁ。二度とないもの同士の競合はつらいよ。

Like
Share