Report – access TOUR 2008 -we are access^n- @ 中京大学文化市民会館 / 2008.07.21

ぐったり。いや、ライブ本編は充分すぎるくらい楽しめたんだ。でもね…。東海の在来線に乗り慣れるまで、名古屋公演参戦は止めた方がいいような気がしてきた。ソロライブの申し込みに名古屋を入れない方向を本気で考え中。
えーと、とりあえず楽しかったことを全部書こう。セトリはやっぱり変更なし。以下箇条書き。思い出したことも追記済。

  • 3回観て思ったのは、個人的に「これのために参加してるぜ!」という曲がいくつかあるらしい。本編中のわたしを見かけた方、必要以上に跳ねてたらそれがその曲です。
  • 今日のニュースは名古屋城。な、なんてベタな…。会場すぐ近くだからアスナルかと思ってたのは深読みしすぎやね。
    しかし飛ばしまくりやった。記念撮影板にはまって登場、ヒロの欽ちゃん走り(?)、金鯱に乗る、金鯱の真似をする、しかも乗る(大ちゃんが!)。
    V 明けに態度のでかいケスイダーさん「お見苦しいところが」。実はカップホルダーの販促だったという可能性が。
  • 夢走サビに振り付けができた模様。
  • ひとつばラスト綺麗に締めたと思ったら、うっかり鍵盤に当たって「ぷー」。
  • ダウトラ間奏ピアノ速弾きでテンション上がって、ばーん! OASYS 叩き。東京ではそんなもん一切なかった気がする。これだけでも来た甲斐があった。
  • ハイスクで意外なほど飛ばない客席(わたしより前の人々)。
  • むんらいぷれいの顔が今ツアー史上もっとも近かった。
  • 全曲終了後、大ちゃんがこっちサイド来た時超張り切って跳ねまくったら、直後に大ちゃんが同じ跳ね方をした。もしや見えてた?今日のプチ勘違いはこれくらい。

以下アンコール MC。

  • 城で買った土産、鯱ぬいぐるみ&刀。ヒロが斬る。大ちゃん斬られてハケる。そのあとしばらく、主に大ちゃんが下ネタ三昧。びっくりした。そして土産を客席にあげちゃった!!
  • ちなみに大ちゃんは予定の新幹線に遅刻。今日は当日入り→城直行→リハって流れだったそうなので、もしやわたしの目の前を通過していたのでは…。
  • 最近互いの得意分野に侵蝕中(例:大ちゃんが車、ヒロが Mac)なので、いずれボーカルとキーボードが逆に? あ、でも本物(ヒロの腰)にはかないませんと降伏宣言。
  • もっと近くで話そうと必要以上に寄り添ってみる。♪ふたりの〜(略)しあわせだなぁ。
  • 夏の予定に映画はどうよと、なぜか全員でポニョ斉唱。後半わかんねー。とりあえず「崖の上『から』」ではなく「上『に』」である、と大ちゃんから注意が。
  • ヒロは自宅で、DVD をまっくで再生して予習。MacBook に向かってらいんあいず。
  • 大ちゃん、ヒロのアドバイスのおかげで首都高合流ひとりでできたよ! おめでとうシンクビート、ありがとうシンクビート。祝福の抱擁。

という感じです。
会場は駅から大変近く、利便性は中野にひけをとらないかと。今日は席が中腹だったので音のバランスも良く、1階2桁にもかかわらず視界はクリア、さらに花道がとっても長くて左右端の人にも非常にやさしい構造。トイレが少ないことを除けばとってもいいホールやなと思った。
が。名古屋地区の JR の乗り換えの難しさを身をもって体験してしまうと、ちょっとしばらく近づけないかなーと…。ま、そういうことで。

ところで、翌日になってスペコン観たのだが、あの…その座席の柄と壁の色、そして特徴的すぎる枕はもしや…それは500ではないですかー!! だ、だとすると。いつもの運用だとこうなるのだが。
6A(わたし乗車)→29A→50A(大ちゃん乗車)
うわあああ。って、普通車とグリーン車だからあんまり同じ空気は吸ってないか。

Like
Share