OtiS IV

しつこいようだがライブのまとめはまだ白紙です。
ではここから8月の話。第1週の土曜、旦那さんはお友達の披露宴。その会場が旦那さんの実家から程近いので、終わったら実家にお泊まりすることになった。ということは、わたしも明るいうちにさいたま入りしておきたい。そんな経緯で、思いつきで決めた行き先がこれだった。


うむ。先日の成田湯川に続き、いかにも近年作りました的な高架駅。そして直球すぎる駅名。

というわけで越谷レイクタウンである。後で調べたら、周囲も含めたニュータウンとしての名称だったわけだが、てっきりこの施設だけをさしているものかと。では早速行ってみよー。

ふと観たら通路越しに高架。森に埋もれる武蔵野線で、とりあえずきょうの1鉄。

建物は大きく3エリアに分かれているらしい。

一番駅に近いのが kaze。あぁいかにも最近の大規模ショッピングモールやなと。ららぽーととかとあんまり変わらん。
そもそもアウトレットに行きたかったので案内通り歩こうとするが、何故か mori に誘導される。だがしかし、そちら行きの動く歩道には乗らず。だって、窓の外が。

目の前にアウトレット棟。一方、mori 経由の連絡通路は遥か彼方。んなもん行くかー!!
そんな人に配慮したのか、背後にひっそりエレベーターと階段。そっちへ向かったのは言うまでもない。

ふう。駅に着いてから10分後、ようやく到着。

随所に無駄にでかいアート作品が転がっているのは仕様のようです。

ついでに、随所にあひる状のものが転がっているのも仕様のようです。
肝心のお買い物はというと、ふらりと入ったお店で、店員さんの目のつけどころが概ねうちの目的と合致していたこともあって、いくつかお買い上げ。これで着古したものを捨てられる。よかったよかった。

ついでに他の店をひやかしていたところ、外の様子がおかしい。って、うわ! まさかの雷雨。これではさっき通った kaze からの近道で濡れてしまうではないか。うーんうーん。やむを得ん、mori から回ろう。
しかし、その迂回が思わぬ結果に。

アウトレット棟でも一番 mori 寄り、連絡通路の目の前。現時点でここにしかないチュロス専門店・ぐるチュロ。観た瞬間におやつ欲を刺激されてつい入ったら、やたら美味かった。注文を受けてから揚げるというだけのことはある。行った人は是非その場で食べていただきたい。

甘いもののおかげで、とっても遠い連絡通路経由ルートも快適に進むことができた。

そうして駅に無事帰還。「なんこし」で下車、東武に移って待ち合わせに向かう。

「しんこし」の駅員さん、やるな。惜しむらくは系と型の混在くらいか。
多分こうやってわたしも少しずつさいたま慣れしていくのだろう。ちなみにこの後旦那さんと合流した結果、お友達ご一同に新郎新婦さんも交えて、夜までわいわい二次会となったのであった。

Do you like this?

同じカテゴリの記事