とでん・とりっく・おあ・とりーと

あー長期休暇終わったー。リフレッシュは大いにできたと思うのだが、明日から社会復帰をがんばらんといかんのがポイント。まあぼちぼち行きますかね。
で、そんな最終日。時期ネタを2つほど仕入れたので、特に時期ネタ度が強い方をさくっと撮って出し。

イベント開始早々、トラバーサ経由で主役がどーんと登場。

ハロウィンバージョンの花 100 でございます。プラス、ハロウィン仮装のとあらん。

ケーキに比べると手作り感は漂うものの、オレンジが多用されており、派手なことには間違いなく。とあらんだけが順光だったこともあり、人間の皆様があんまり目立たないというオチも。

装飾はこちら1面だけだったっぽいが、規制線が意外と近く、側面全体を撮るのには少々お時間が必要となった。とりあえず前面幕部分が完全にテンプレ化してることはよくわかったので、また機会があればきっとなにか仕込んでくるはず。

場内アナウンスによると、9002 がハロウィン号として走行中、という話。旦那さんが位置検索をかけたところ、まもなく通過見込み。

というので、線路沿いに出た途端に来た。このときの進行方向側 HM は「あら坊」。

んで反対側がとあらん。窓にもオバケっぽい装飾等貼ってあったので、中はもうちょっと何かあったのかもしれん。

おもいで広場も、親子連れを中心に大変賑わっていた。

柵にもハロウィン仕様のシールが大量に。こうもりシルエット状のとあらんやみんくるらしき柄もあった。さらによく観ると、保存車の運転台にもとあらん。

ポスターの駄洒落もノリノリである。

車庫内はつい数ヶ月前に入ったばかりだが、なんとなく再度入場。お子様専用「運転台に座ってみる会」の舞台に使われていた 8807 にも、それらしい HM。

よく観たら、トラバーサの操作部扉にまでなにかくっついていた。随所に感じる、中の人の遊び心と手作り感。

なお、花 100 の周辺にはとあらん以外にもいろいろなものが出没。

阪堺つながりと思われるラピートくん。実車より若干こわい。先輩面でとあらんをなでなでしていたが、そんなに先輩なのかどうか。

そして車庫を観て戻ってきたら、あら坊もいたけど事前告知されていないものが乱入していた。ラピートに召還されたのかビリケンくん、さらに脈絡なくノッポンまで。もはや何のイベントなんだか、と笑いながら、我々は40分程度でさくっと車庫を後にしたのであった。

Like
Share