実録・おひとり様物語 中央総武編 (1) 鉄子の午後

ラクーアってネットコーナーあったんやー!!
てことで、管理画面のアドレスをフルで記憶してるという能力(?)を活かして、急遽リアルタイム更新しちゃうもんねー。ちなみに今エステ待ち。30分でどこまで書けるか?
あ、ただしさすがに USB カード差すとこないんで写真は後日掲載になると思われ。全部デジカメでしか撮ってないから転送手段がない…このあとケーブル買いに秋葉行ったろか…。

午前中に出て映画を観る案だったのだが、横浜の人が歯医者に行ってしまったので11時過ぎまで出発できず。まぁいいや。
ともかく一路両国へ。横浜拠点からは乗り換え1回で楽勝。しかし、その乗り換えポイントがまたしても清澄白河。月に3回も同じ駅使うとは。

さてと。着いたぞ。何故か出ている屋台の横を通過、さくっと特別展のみのチケを買い、すんなり入場。
あ、言うの忘れてた。今回観に行ったのはこれだ→大鉄道博覧会。
意外と普通の人が多いね。もっと濃い人はもっと別のイベントに行ってるんでしょうか(今日何かあるらしいことは聴いた)。

まず最初に目に付いたのが、ホーム上に吊ってあったという案内板。何号とか発車時刻までペンキで書いてあるよ! てことは毎回架け替え…めんどくさ…。

次、マニアさんたちから借りてきて展示しているらしき車両模型。多分前半のハイライト。だってすげー量なんだよ。とてもフレームに収まりきらん。
ちなみに一番たまげたのは O ゲージひかり16両編成。長っ! ただ、長くすることが目的だったらしく、最後尾車両がよく観ると12号車だったのはご愛嬌。

それから業務用グッズコーナー。食堂車の時計のシンプルさに惚れる。

撮り忘れたが、タブレットの柄(?)は結構可愛いなと思った。そうか、あれがあのタブレット閉塞というやつか。
写真展示もたくさんあったよ。しり押し部隊も受けたが、「砂糖の積み下ろし」がなにげに意外だった。秋葉って貨物駅だったんか!

そして後半のハイライト、ジオラマコーナー。ここまじすごかった。昭和中期のレトロ感全開なのだが、ものすさまじく良くできている。思わず写真撮り放題(フラッシュさえ使わなければいいので)。正直、このコーナーが一番萌えた。


あとその部屋にあった「鉄道模型ってなあに」みたいな感じのビデオも素敵。何がって模型搭載カメラの映像が。

と、結構人がいたので1時間くらいかかったよ。
最後にグッズ販売コーナー。充実しすぎ。銚子のぬれ煎餅まであるし。しかし何か買うものあるかいな…
買いました
何買ってんだ自分。いや、つい。

さーてちょうどいいところでエステの時間だ。いってきまーす。スパネタのまとめは深夜かな。

Like
Share