大盛況の片隅で (1) あたらしい眺望

自販機限定で空くじ出まくりだったワンダのトラウマがー、とか言って手を出してなかった BOSS のスタアラ。あっという間に大小4機おうちに居たりするのは仕様です。はずれなし、しかも店頭で好きなもの選べるのはポイント高いっすよ。うん。
さて、越谷経由旦那さんの実家泊となった翌日。ただ帰るのではつまらんと、早めに出発してちょいと寄り道することにした。

そしていきなり驚いたのは駐車場の埋まりっぷり。P1 以外全部満車。その P1 も屋上がぼちぼちあるのみ。なんとか停めて、まずこちら。

長らく封鎖されていた1タミの屋上がようやく開放。といってもまだ北側だけだが、同じく北だけの6階がいかにも手狭なので、若干でも分散されるだけ助かる。

しかし次に驚いたのは、この真夏に北風運用。えー。とりあえず 34L の着陸機に注意していると、なんか来た。

おぉ、初ずんだ。やっと撮れたよソラシドエア。しっぽがかわいい。

改めて言うまでもなく、こちらは JAL のシマ。あらしの類は席を外しているようだ。でなきゃもっと人ごった返してるか。

かわりにワンワールドが2機。1機がちょうど出て行くところだった。あら、翼にもロゴが。

今日もサンシェードはがんばっている。てか、まだ午前中なのに暑い暑い。屋上の片隅で買ったお茶で、ちょいちょい水分補給を心がける。

これだとぎりぎりバレないレベルだが、望遠の絵も当然ものすごいゆらゆらっぷり。あんまり長居はしないようにしよう。

合間にインター方面の機材も少々。

前輪が接地する前でも逆噴射はガンガンやっていいらしい。へぇ。背中のラインがまぶしい。

こっちもまぶしい。毎度思うが、なんとなく他人な気がしないお名前の会社である。

そうそう。偶然別の「飛びモノ」にも遭遇した。

椅子に腰掛けてのんびり眺める人が多いからか、食料も豊富なご様子で。

Like
Share