OtiS IV

どうもモチベーションが上がらず、家でのんびりとカレーなど煮込んでしまった快晴の日曜。次の遠征終わるまでいまいち煮え切らんままって可能性もありそうな気がする。
まあそんなわけで8月羽田分、ラストは兼業モードで。

新車を定番ポイントで押さえて、後を追うように同じフロアの西側へ。光線状態はさておき、駅の西側もそこそこ撮影できそう。

天空橋で一旦地下に潜った線路は、クロノゲートの辺りで再び地上に顔を出す。ポンジュースの看板があるから、3月の屋形船で序盤に通ったコース沿い。かなりの傾斜だが、モノレールにとってはたいしたことあるまい。

同様に、国際から天空橋へ潜る地点も結構なスロープ。この近辺はよく上下線が離合するが、ちょうど目の前で 1000 形同士がすれ違った。
左奥のビル群は武蔵小杉。中央やや右の幅広い建物は、戦前に松竹の撮影所だったところで、現在はアロマスクエアというビル。JR 蒲田の近くになる。ごちゃごちゃしてはいるものの、視程さえあれば遠景もまた楽しみのひとつ。

8月末ということもあってか、なんだか秋の始まりを予感させる雲。

バスが行列をなす上を、悠々と通過する車両。ってポケモンさんやないですか。あたふた。

ということで定番位置に戻ってポケモンゲットだぜ。よく観ると以前と絵柄が違う。今年の映画に合わせてリニューアルしたようだ。各車両上部に「ありがとう50周年」という字も入っているが、これだけだとまるでポケモンが50年みたい。んなわけないのは周知の通り。

しかしさっきから頻繁にバスが通る。空港リムジンとして昔から変わらぬオレンジや地元の京急はともかく、普段縁のないバス会社も多数。関東一円いろんなところからやってきている。

おや、らじっとですね。ということは埼玉系か、と目を凝らしたら屋根上に西武の文字。フロントにも3色ラインが入ってた。

京成柄のベイシティバスは浦安方面。ねずみランドへの足でもあるようだ。

ところで、運がよければ「ひこーき+モノレール」のよくばりショットを収めることもできる。特定の車両・機材でピンポイントに撮ることは非常に困難だが、来るもの拒まずで積極的に撮りにいってみた。

パラレルというには2機の距離が遠いが、一応2機入り。

シンガポールと海上のトトロ。

光線状態がちと残念だが、今まさに 05 から上がろうとスタートダッシュをかけ始めたところに右からいろいろアプローチ。東京湾をゆく船舶群も加わって、賑やかに各交通が出入りする首都のせわしなさを改めて感じる。
そんなこんなでこの日は店じまい。短時間ながらも効率よく楽しめた週末であった。

Do you like this?

同じカテゴリの記事