OtiS IV

ちょっと(かなり)ドッタンバッタンもありつつ、半年以上にわたって関わってきた件がとうとう一つの区切りを迎えた。といっても我がミッションの幕引きにはまだちょっとかかる模様。まあここからは気楽にがんばりますわ。
さて弾丸広島ツアー、ここからが本題。

公式に予告されていた広島駅到着時刻まで、あと数分という頃。奥の曲がり角に派手なモノが現れた。にわかに色めき立つ交差点の皆様(推定十数名、対岸を含めるとさらに多数)。足元のカープ坊やを踏まないようがんばっていた自分の背後にも、大小いろんなカメラを持った人の気配。

まるで撮影タイムを用意したかのようなナイスタイミングで信号停車。横断歩道を渡るついでに懸命に撮る歩行者、停車中なのをいいことに横向いて撮るドライバー。大注目。

それもそのはず。カープ優勝記念花電車は、沿道に向けたスピーカーを内蔵して「それ行けカープ」等の応援歌を流しながら走ってきたのであった。

1分ほどで発車。ギャラリーに向けて手を振る、ユニフォームに身を包んだ中の人。

今年のデザインは、ながーい旗にファンの皆様の写真をあしらった英字が載っている。応援してくれたみんなと喜びを分かち合うのがコンセプトか。そしていうまでもなく広電コスのカープ坊や。

駅前電停でもすごい数の人がカメラやスマホを向けている。そりゃそうか。

それを見送った次の瞬間、信号が変わるのを待って民族大移動が起こる交差点。さっき撮ったのと逆サイドが撮りたくなるのが人情ってもんです。幸い、押し合いへし合いするほどの大人数ではなく、ゆとりを持って安全にポジションを決めることができる程度だったのはありがたい。

余談だが、見違えるほど綺麗になった写真奥の新しい建物。主にエディオンが入っているようだが、2階の角にはスタバ。トレインビュー席もあるように見える。ガラス越しで終日逆光だから撮影には適さないかもしれんけど、眺めはぼちぼちかな?

白地に赤のサイドと、赤地に白のサイド。カープ坊やはこっちがノーマル版。右下のメッセージは、今後の展開次第でまた変わるのだろう。CS なんかやらんでさっさと日本シリーズで頂上決戦すりゃええのにねぇ(個人の感想です)。

控えめに優勝シールを付けた車両に見守られつつ、港をめざして花電車は進む。

せっかくなんで続行電車で後を追ったが、さすがに無停車なのであちらが断然早い。どっかで降りて次のルートへ先回りしよう。

Do you like this?

同じカテゴリの記事