Report – access TOUR 2009 SUMMER STYLE @ 大阪厚生年金会館 / 2009.08.07

今日からかなり久々に、音楽系超長文レポ連発しまくりですよー。どれくらいぶりかと思ったら、4月以来。そりゃお友達の皆様にもごぶさたしてしまったわけだ。なんかその、色々すんません。
ではまず金曜のこれ。いまんとこ1公演のみ参加なので、観る方も超一生懸命。ネタバレを必死で封印して突撃してみた。

わたしはかろうじて最前ブロックの末席に加えてもらった感じで、近いような遠いような微妙な位置。まあでもこんなもんかな。
10分ほど押して開演。下手から LED 幕の後ろに入るのが見えた。
今回の大ちゃんセッティング。右2段の上が V-synth、左2段2列の上段手前が Prophet-5 で奥が moog。あと4台(?)はよくわかんない。V の下のは黒いアナログ系かな。Prop の下に薄いやつ、その奥に銀色っぽいやつ。アナログシンセ的な音が多かった気がする。
あと、今ツアーで初出と思われるアレンジには曲名に印つき。新曲には星2つ。そっちの文字表記は保証しませんのであしからず。

01. SWEET SILENCE *
微妙にいじってあったよね多分。

02. Dream Runner
大ちゃんが指で、ちちちちって振る動きが消滅。背景の星が派手やった。ちなみに、前半の衣装も派手というかバブリーというか。そうなった理由は後で気づく。

03. GONNA BE
これライブで聴いたの初めてかも。慣れてなさすぎて曲名をど忘れ。いや、ダウトラの c/w だってことは覚えてたよ!

* MC.
ここは挨拶程度に。

04. BREAK THROUGH THE BIG TOWN
これもあんまりライブで聴かんような聴くような。ゴースト曲はもれなく好きなので嬉しい。
機材もあるんで「下手側=大ちゃん」が基本立ち位置だが、このへんから入れ換えが。ここはヒロのターン。

05. S-MILE GENERATION
舞台両端にあった謎の箱は「可動お立ち台」であった…。でもこれなら後ろでもそれなりによく見えるかも。可動なので寄ったり更に寄ったり、離れた隙間からしーちゃんが洗われたり。
あと、大ちゃんの A メロノックが大半消滅。

* MC.
大阪、祭り状態です。大ちゃん的には目下ミハシュー祭り開催中。わかります。日食もそうだが、なんかこう波とか巡り合わせとかそういうものってあるねと。

06. 青い波 **
という軽めの振りで入った新曲。ピアノ(V)1本で超シンプル。一方のヒロはサビでファルセット炸裂。歌詞からして明るい曲じゃないけど、しみるねぇ。爽やかさもあるし。

07. ENDLESS SUMMER *
しっとり繋がり。moog 方面の音色を軸に、アンビエント風味も若干ありつつ。

08. メドレー(というかディスココーナーというか)
NIGHT WAVE〜NAKED DESIRE〜TEAR’S LIBERATION〜瞳ノ翼〜AGAINST THE RULES〜DRASTIC MERMAID という内訳。
冒頭は環境系インストで一瞬の休憩かと思いきや、曲がそのまま繋がって怒濤のディスコタイム。すさまじかった。ひとつばは部活でよく出るバージョン、他はほぼ総いじりだったと思う。やっぱ圧巻はアゲルーだよねー。まさかのジュリ扇。もう完全にバブル再来。

* AXS チャンネル
題して「車で GO GO! 〜夢を見たいから編〜」。今年も幕間はこういう方針らしい。
海老名 SA 上り(後で教えてもらった。感謝!)で、サマージャンボのバラ5枚とスクラッチ1枚というプチな買い方をするおふたり。後者は見事にハズレ。あとは前者の当たりを祈る。ヒロの祈り方が甘いと注意する大ちゃん。
そして冷菓を食べる。大ちゃんの盛り過ぎブルーハワイもそうだが、ヒロの「レインボー」は凝った造りでカチカチで、砕くと飛び散る。もう大変。
SA 内の理髪店が目に入ればヅラネタ。これはありなのか。
そして先へ進み、出口で ETC から650円を「自腹」で引かれた辺りで終了。秘宝ってなんすか。

09. CATCH THE RAINBOW
いきなり七色の光の柱が現れた時点でつい感動。そういえばこれも、大ちゃんの両手を前に伸ばす振りが消滅。今回そういうパターン多し。

10. Doubt & Trust
いつものダウンフォース。いつ聴いても良い。

11. Life Goes On
これもいつやっても燃える。15周年をかみしめた感じを追体験してるんかも。

* MC.
もう1曲新曲作ったんで、と。曲名は教えてほしかったが。

12. Soul Dynamite **
なので、サビの歌詞と終演後のお食事でタイトル補完。
数々のシングル曲の定番進行を詰め込んだような典型的あくせす進行が、たまらん。これはいい。ちょっとアニソンにも聴こえるけど、タイアップ決まってたりせんかな、と妄想。

13. SHAKE THE SUNRISE
うお、これもライブで初やー! と、ライブ歴浅い人は思った。元々クロブリの中でも好きな方だが、こんなにライブが似合う曲とは。
おふたりは後半ずっとお立ち台の上にいた感じ。玉突きみたいに左右してた。

14. OZONE,IN THE NATIVE
死ぬかと思った。だって超煽るんやもん。ひょっとすると本日最大の全力投球ポイント。
※追記:日曜朝に記憶が甦ったので足しとく。1番 A メロで「踊る君」以降の歌詞が若干飛ぶ。思い出したポイントが「みつからない」。あぁ、歌詞が見つからなかったのねと密かに受けた。

もくじ

Encore 1

大ちゃんが着てきたツアー T シャツが黄色だったのを観て、黄色スティックを選んでよかったなと思った。
最近、朝顔咲かないしほおずきも綺麗に残らないとぼやく大ちゃん。ヒロ曰く、話しかけると良いらしい。じゃあお手本を、と大ちゃんが何をするかと思ったら…まさかの「全身で植物を表現」。噴いた。的確なような微妙なような。これはできたら是非図解したい。
一方、ヒロは貰ったバナナ栽培キットが放置してあるというとこから、野菜果物類がどこに実をつけるか考えてみる。さつまいも、メロン、びわ。一糸乱れぬ客席の解答に、事前打ち合わせを疑うヒロ。
でも常識必要だよねー40なんだし、とここで自虐方向に。またヅラネタ出すし。「これから10年20年」やっていくんだから、いつヅラになってもいいように免疫つけとく、というヒロ理論。だからといって「今そうかもよ?」どんだけ自虐やねん。

一方、やっぱり「シューマッヒャー」祭りな大ちゃん。「access 始めて何十年」(十何年の間違いです)だが、ヒロと2人で運転席と助手席に並んでドライブするとは思わんかった、とチャンネルを振り返る。あれはそのうち形に…是非お願いします。
ちなみに、現在作曲中のチャーリー。ヒロの役どころはまだ不明らしいが、ヒロ曲だけ「超音波」で「人に聴こえない」「高いキー」にしようかと。張り切るベクトルがへん。ま、それは冗談としまして。

15. EVERY TIME YOU
またしてもわたし的にライブ初。c/w にしか入ってない曲は思い出すのに時間かかるな。
大ちゃん、中野2日めで失敗したというステップのリベンジに挑む。最初と最後はあやしいところもあったが、中盤で見事大成功。ヒロとハイタッチで喜ぶ。
で、最後に舞い始めたハートの紙は取れるエリアには程遠く。

16. MOONSHINE DANCE
これやると「あぁ、あくせすのライブだ」って思うよね。

17. SUMMER NIGHT BREEZER *
基本いつもの感じだが、イントロだけがらりと雰囲気変えてきた。

Encore 2

18. LOOK-A-HEAD
これやると以下略。ここまで頑張りすぎて若干燃え尽き始めていたのは秘密。

そんなこんなで、終演は21時半近かったかなぁ。
その後。某遠征男子コンビのお二方と、これまた久々に打ち上げ。わざわざ難波まで移動。なんばウォークをだらだら通過して、どうにか店に流れ着く。関西人なのに詳しくなくてすんません。だって地元でよく飲んでたの学生時代だけやもん。
時間も限られとったし、22時過ぎということもあってそんなに量は食べれんかったけど、ライブのこともそれ以外もあれやこれやと話し込み、やたら楽しいひとときを過ごしたのであった。振り付け激減についてとか。充実のラインナップに垂涎、それにまつわる裏話に爆笑、とか。

座席配置の優劣はあれども、大阪がここまでで一番盛り上がったよと、相変わらず全通ペースのお二方からお墨付きをもらった(ということにしておく)ことは、超ナイスな新曲を2つも聴けたことと合わせて、今回の収穫に数えていいと思う。いやー、ライブって本当にいいものですねー。
あ、中野追加や翌日をどうするかは他の用事次第で。追加チケってまだあるんか知らんけど。

Like
Share