神在月の陰陽路 (26) 果ある線路

実家からりんご届くわ、予約してた CD 届くわ、何かとお届け物の多い日であった。しかし母上様、お忘れかもしれませんがわたくし生姜が駄目なんで生姜紅茶はちょっと…。
まあそんな話はさておき、秋旅もいよいよ最終日のことでございます。

この日は必須の目的が1つだけという、余裕のあるスケジュール。ゆったりと宿を出て、駅前で荷物を預け、いざ電停へ。

なお、こちらの写真に今回のお宿が写り込んでおります。ビックの真上のよく反射する壁んとこがビジホだとは知らなかった。しかも広島等でちょいちょい世話になっているダイワ。

ともかく乗車。岡山で乗るのは結構久々やね。ひょっとすると結婚してからは初かも。

で、何が目的かというと。

はいこちらが目的地です。清輝橋。
いや、以前岡山で全線乗ったのって城の近くとか通る東山線だけで、清輝橋線の方はノータッチだったんだわ。その後全国巡ってるうちにいつの間にか「初訪問の際にまず全線乗破」がデフォになったのだが、初岡山の時はまだその法則がなく、すっかり乗り残したままこれまで来てしまっていた。今回最後に岡山経由の旅程にしたのは、ここをなんとかするため。

というわけで、日本国内現存路面電車、これにて全線乗り通し達成。やったね。って割には記念の終端が地味な件。

せっかくここまで来たので、周囲を軽く観察。

ここから先に延伸…は、ないだろうなぁ。なんとなく。コミュニティバスとかも頻繁に走ってるようだし。

電車とバス、路線的に絶対競合してると思うのだが大丈夫なのだろうか。

などと主に電車側のスタンスで気をもみつつ、もう1本後の電車を待つ。勿論理由があるのだが、それについては次回。

その後、柳川まで戻ってあれやこれやと軽めに撮る。

あ、OH!くんだ。テレビはどうでもいいが、キャラ的には相変わらずお元気そうでなによりです。正面の簡略化した絵柄を初めて観たとき、お菓子メーカーだと思ったのは秘密。

JAL もいた。てっきり全面これかと思いきや、裏は ANA という不思議仕様。

Like
Share