2年目のハネムーン・本土編 (11) 鴎と潮風・2

都内でちょっと遊んできた。明日も出かけるので今日は手短に、かもめ追っかけ後編。

さっきの薮っぽいところから海辺に下りると、波瀬ノ浦という地区。

非常にのほほーんとした空気の流れる、ここもまた小さな集落。

せっかくなので、ゆる気味な撮影を試みる。「七福神号」の黒かもめ添え。

もうちょっと鉄橋の近くまで行けそうなので、行ってみた。お茶飲みながら、接近の気配をのんびりと待つ。…おや、なにか来たぞ。

おぉ、各駅停車さんじゃないですか。特急の時刻は全部調べてきたけど(旦那さんが)、鈍行はノーマークだったからちょっと得した気分。快晴の青空に光るステンレス。

そしてその数分後、快晴の青空に光る純白。

ゆるいひとときを堪能したところで、車に戻って再度出発。午前に観た有名地に移動…って、待てよ。数分でもう1本来るぞ。あたふた。薮のちょい上、トンネル上で撮れそうなので、そそくさと下車。

なんとか間に合ったようです。
ちなみに、背後の山から俯瞰できないかと軽くロケしたんだけど、いまいち手がかりはつかめず。

さて、午前に来た有名地ふたたびである。しかし着いてみて頭を抱えたのが、特急だと最後尾にあたる部分が見事に影になっていたこと。うーむ、ここは正午前後限定だったのか。
まあ仕方ないので、極力回避というか無理なら諦めるという感じでスタンバイ。

するとまたもや鈍行さん登場。青の発色は午前よりいいかも。

懸念された影は、引き気味の構図では超スレスレで回避に成功した。

さすがに正面に近い方では最後1両が避けきれず。とはいえ、かもめをたっぷり撮れたことには間違いなく、概ね満足して本日のメインイベントを終えたのだった。せっかくだから、帰りながらドライブ。

Like
Share