Review – TM NETWORK : ETERNAL NETWORK (2) / 2004.09.30

本の感想書いた時、タイトルに思いっきり (1) って付けといて、DVD の感想書くの忘れてました。ここ数日、大きなニュースもあったし、他の人が忙しいし。

ということで、かなり時差つきましたが、感想文第2弾です。
今度はそんなに長くないはずです。なにしろ本は文字がいっぱいでまとめに時間かかりましたが、DVD の方は実測23分ですから。

いきなりですが最初のアイキャッチ、あのセンスがどうしても eZ を彷彿とさせて懐かしかったです。ついでに傘ロゴをふんだんに使ったメニュー画面も、まぁパンフイメージの使い回しでしょうけど、テイストは TM らしくっていいです。

冒頭含め、時折はさみこまれる後日インタビュー。ウツと木根さんは 7.13 Office、先生だけ 7.6 TK Home の文字が。やっぱ別録りですか。どうやら衣装とか背景とかからして、その Office が写真撮影場所のようですね。

♪BGM1: SCREEN OF LIFE
横アリリハから本番にかけてのダイジェスト。
この後のもそうですが、一応曲に合わせて尺切り&カット割りしてあるみたいですね。
衣装はもっとひどいのかと思ってました(こら)。
入場前の列とか、本番中の手振る客席とか、映りまくりです。知人がひとりぐらい映っててもおかしくありません。

♪BGM2: TIME TO COUNT DOWN -LABO MIX-
8公演の開演の瞬間までを、画面9分割とか(残りひとつは傘ロゴ)次々切り替えとかでだーっと編集してあります。日付表示なかったらどれがどれかわかりません。
武道館以外行ってないんでよくわかってませんが、このオープニングって本当に CD 通りの尻切れとんぼを再現しちゃってるんですか?

♪BGM3: Dawn Valley
開演前と終演後の模様を、北海道→仙台→大宮→渋谷→大阪→福岡(の冒頭)まで一気に繋いでます。あ、書いてないけど名古屋と広島も、別のところでちゃんと同じように映ってます。各地のみなさんにはちょっと嬉しいですね。
仙台駅ホームから構内を、いたって普通に歩いてる木根さんが気になります。
渋谷のリハ、ステージ目線で照明チェックの模様が一瞬映ったんですが、ああ、あっちからはこう見えてるんだ、と思うとちょっと感慨深いものはありました。

♪BGM4: Nights of The Knife
そして武道館。事前リハ、当日リハ、本番直前、ついでにインタビュー、とひととおり入ってます。先に本読んでたので、頭に入ってきやすかったです。
木根さんと大ちゃんが仲良さそうで微笑ましいですね。
あと、なんか GREEN DAYS の歌詞がかなり見えたんですが、書き取る気力ありませんでした。どうせ書き取っても著作権的にアレですし。

と、いう感じであっという間に終了。

総評:
昔よく出ていた「ツアードキュメント」の映像版ってとこですね。本はちょっと武道館に偏りすぎ(というより、それしかない)でしたが、DVD に関して言えば、武道館以外に行った人の方がより堪能できるかと。
で、問題はあの本と DVD で7500円はどうなのかってことですが…。
うーん。微妙かなぁ。
実はいまだに芝生をまったく観てなかったりするんで比較できませんが、似た意図のものがあっちにも入ってるんでしたよね。観てみて、映像構成的にソニーの方が好みだったらまぁいいかな、とか。採点甘いですか?

Like
Share