Report – access tour 2007 diamond cycle @ 中野サンプラザ / 2007.03.07

気づいたら軽く3週間以上経ってしまいました。あわわわ。ライブレポ史上最強の遅れっぷりですが、今回だけは事情が事情なので勘弁してください。
直後に書いた通り、セトリがまんま座間と一緒なので、どっちかというと総括的な話をメモっておきたいと思います。むしろ「このライブ自分も行ったぞ」用しおりに近いかも。

Stay で真っ先に思ったこと:客席が超綺麗!
でもね、このとき実はわたしたち(チケット引き取ってもらったとーるくん含む)サイリウム持ってなかったんですよ。スタッフが「今日は生中継だから定刻開演なんでさっさ入れやこら」て言ってたのを真に受けて何も買わずに入ったら、実際は15分くらい押しだったという。あの光の波に参加したかったです。しくしく。
ちなみにサイリウムは、ダンスパレードミックスの前におごってもらいました。持つべきものは友ですね、はい。おかげで携帯撮影タイム、大ちゃんが撮った客席プラネタリウムには参加できました。その写真がどこにも出てないのはご愛嬌。
実は壁も綺麗だった!
5列めでは絶対見えなかったもの、それは側壁。後ろから観ると、客席方向に流れてくる照明が結構壁に当たっていい感じなんですね。前半曲(夢を見たいから、Only the love survive 辺りで顕著)からよく判りました。レーザー(これは Inner Cycle とか)の見え方も全然違うし。
サウンドが座間と明らかに違う!
全通すると徐々に変わって行く様を楽しめたそうですが、今回のわたしの場合、最初と最後だけ観る形になったんでより進化の度合いが激しく感じたかと。一番わかりやすいのはダンスパレードミックスでしたが、他曲もアレンジ大幅変更のあったものを中心にディテールが洗練された感じがしましたよ。これは複数公演参加の醍醐味ですね〜。
Cosmic Runaway はコーラスが入ってなんぼだ。
実家でちら観した中継映像で一層そう思いました。勿論オリジナルはウツや木根さんなわけですが、そこをライブでやると大ちゃんメインになるのがいいんですってばこれが。堀 J やしーちゃんがしっかり参加してるのもまた好感。
ヒロは大ちゃん以外にも抱きつくらしい。
抱きつくっていうと大袈裟ですが、後ろから手を回すあれです。座間では大ちゃんだけだった気がするんで、S-MILE GENERATION のあれは予想外でした。過去ツアー行ってないから知識が足りてないだけかもですが。

あとは MC の大雑把なまとめ。まじ受けたものなど。

「衛星」のポーズ
右手で斜め上を指さして、宇宙人にも届けと。うちも CATV だけど通信衛星使ったデジタル放送なんで、確かに衛星のお世話になってます。
床に貼ってあったあの15周年ロゴ
中野サンプラザって書いてあったらまじ受けますって。しかも逆から読んでもサンプラザ…っておい! というノリツッコミ。あーおかしー。
ヒロの家の裏にはいろんなものが転がっている?
1st ツアーの歯車とか、声が出るようにお祈りした水晶とか(大ちゃんのが最後に割れたってのは本物かも)
客席いじり(広義)
宝石泥棒のコンセプトは「みんなの心を盗みに行く」でファイナルアンサー。拍手起きてました。おあとがよろしいようで。
ステージ上でロデオドライブなどというネタも出ましたが、客席全部あれにしたら設備費がおそろしいと思います。ヒロが乗ってるだけで充分おもろいですよ多分。
投げ物は1週間繰り上げのホワイトデー。当然取れる位置にはいないんですが、ついアピってしまうのは仕様です。大ちゃんのもそれなりに飛んでましたよ。
携帯タイム、お約束説明後「先生のいうことが聞けない人は中野10周」それ本気できついですって! だから皆さん守りましょうね、というには効果抜群?

しかし、中野はともかく前後が忙しすぎて大変でした。開演予定時刻すれすれにダッシュで会場入り→終演後まっすぐ駅直行、宿まで寄り道一切なし。おかげで、せっかく数年ぶり(!)に再会したお友達ともあんまり話せずじまい。ばたばたして失礼しましたですよ。

なんにせよ、こっそりチケット買って頑張って上京して宿代と託児所代も大量投下しただけの甲斐は存分にありました。
あとは中継録画を DVD 化してじっくり観直そうと思います。えぇ、まだざっとしか観れてません。焼いてもいません。東京いるうちに DVD メディア買わないとだめっぽいです。どっちにしろ自分はまず映ってないであろうことだけ確認したので、その点は安心です。

Like
Share