OtiS IV

それは日付変更数分前のことだったと記録されている。だから厳密に言うなら「まだ」なのだが。
調べもので過去記事を眺めていて、ふと思いを馳せてしまった。かつては微塵も想像できなかった、2010年に歳をひとつ重ねた自分の状況と来歴について。

2004:
前年とこの年が一番、個人事業主としてはまともに働くことができていた。ちょうどこの頃、仕事知識の足しになればと、ぶろぐを始めた。

2005:
当時からのお友達の方は御存知と思うが、「中に人がいた」時期。その時徐々に減らしてもらった仕事量を取り戻せなかったのも、後に会社員復帰した理由だったりする。

2006:
それらしい思い出がまるでない。

2007:
関西に戻り、久々に在宅で少しだけウェブ仕事。あまりの楽しさに我ながら驚く。

2008:
当日、ライブついでに原点へ帰る旅に出た。人生リセットしたこともあり、「おとな」をもう一度やりなおし始めた時期。それまでが精神面で子供すぎたからね。

2009:
5日前に某誌から大きなプレゼントをもらったのが何より印象深い。受賞というだけでなく、これと前後して再び世界が広がったという意味でも。

で、今年。
半年前に縁あって始めた仕事はとても順調。自分で言うのもなんだが、小さい会社故すっかり頼りにされているのは有り難い限りだ。
そしてわたしは、持つことすら長い間忘れていた気持ちを、ようやく取り戻したような気がする。平均寿命に照らせば、まだ時間は半分以上あるはず。できる限りの思いを尽くして、大切に楽しみたいよね。せっかくの人生。

Do you like this?

同じカテゴリの記事