異邦人、香港に遊ぶ (29) 國際廣場

いい肉の日だそうですが、当家の夕飯はまあふつうの肉。それより実家産の農作物が白菜大根いも等大量にあってだね、昨夜から食べ始めたところ、無農薬でめっちゃうまい。しばらく野菜三昧。
では香港3日めラストもやっぱり食べ物。3日めの話4回中3回が食事なのはぜんぶ台風のせいだ。

そんな台風と、ティーセットによる膨満感の中、我々はおみやげショップを求めて街に出た。

とりあえず、フェリーのりばにも近い海港城(Harbour City)へ。少なくとも返還前から存在する老舗(?)ショッピングモールである。
奥のやつが台風レベルのマーク。数字横の図形はレベルによって異なるらしい。日本ではまず観ない「折りたたみ傘専用傘袋」のお世話になりつつ、広い(正確に言うと長い)建物内をぶらぶら。

しかしブランドショップが多く、我々の求めるジャンルの店はなさそう。
余談だが、今回そこらじゅうで見かけた特定の形状のバッグがあって、あれはなんだろうと不思議に思っていた。この敷地内にイッセイミヤケのお店があって一発納得。きっと街中で観たやつの大半はパチもん。

隣接する中港城(China Hong Kong City)まで足を延ばすも、これといったものが見つからず。

結局いい店に出会ったのは、彌敦道に戻ってからのことだった。

夜になってますます鮮やかな重慶大廈と、大きな横断歩道を挟んだお向かい。

ちょい新しめの商業ビル、國際廣場(iSquare)。ここの LG 階(日本式だと B1?)でスーパーを発見。前回も買ったグリコ現地法人のお菓子(香港味)や、お宿にも置いてあったティーバッグ(ジャスミンとかプーアルとか)などをどっさり買い込んだ。スーパーなんでちょっと安いのがうれしい。

それを一旦持ち帰り、カートに詰める。これで翌日手荷物にしなくて済む。
さて、食欲はそこまでないけど、食べずに寝るのもアレやね。一応夕飯はとろう。こんな胃のコンディションでも食べられそうなメニューを扱う店がやっぱり國際廣場にあるのを見つけ、再び向かう。つーか昨夜の蟹もここやったし。このビルまじ便利。

香港民みんな大好き「複数フロアぶち抜きエスカレーター」ももちろん標準装備。2本ほど乗ると、いくつか飲食店が並ぶ3階に着く。

何かとあちこちが派手仕上げなのはデザインセンスなのか縁起担ぎなのか。

で、夕食はこの吹き抜けに面したお店。

Pho Hoi An という名の通りフォー屋さん。て、ベトナムやん。香港最後の夜が中華料理じゃないのは仕様なんすかね(前回はシンガポール系)。

平日だからか、観光客というよりは現地の皆さんがふつーに使っている感も若干。

こちらで比較的あっさり味の鶏フォーをいただいて、この日はお開きとなった。うぷ。

Like
Share