実録・おひとり様物語 聖歌編 (3) 人出予測の技術

今日の宿→ホテルフランクス。既に14時チェックイン済。早いぞー。準備があるからね。早く出来てよかった。なのにうっかり iTunes でベストかけちゃって DECADE になると歌っちゃって手が動かないわけだが。らーらーらー、ららーらーらー。
だから着替えてネイル塗るんだってばよ! どのみち塗ったらキーボード打てないので、先に書くか。午前中のまとめ。写真はないと思っていいよ。

朝。雨の降る窓の外を眺めながら、1階で朝食。なんか異様に家族連れが多い。そうか、皆ねずみに会いに行くのね。わたしもその近所だが、経由地が違うので。定刻にチェックアウト後、調べておいたヘアサロンの開店を待つ間、同じく開店待ちだけど入口開放していたマルエツで一瞬雨宿り。
しかし。
サロンは2軒とも、午前中は予約で埋まっているという。ありゃ。予約しときゃよかったな。仕方ないので西葛西を諦め、さっさと幕張移動に切り替える。

東西線。浦安を通るけれど、さすがに大昔(軽く20年以上前)の家があった方向とか、駅に程近いはずの小学校の正確な位置とか、覚えているはずもなく。市境を越え、軽く胃痛を感じつつ、西船橋へ。やはりしばらくあちらの路線には近寄れないな。
武蔵野線もやたらに人が多かった。しかも、皆舞浜狙いかと思いきや、想像を遥かに越える人が大挙して京葉線下りホームへ。なんで? なんかあんの?

えぇ、忘れてました。ジャンフェスの存在自体。
幕張到着。駅員がメガホンで呼びかけている。昨日は帰りきっぷを買うのに1時間待ちだったから、今日は先に買えと。こわい。これがこわいようでは、年2回の某祭典に近寄ったら卒倒するな。いまんとこ用事ないけど。

ともかく、この荷物どもは宿に預けてしまおう。そうすればサロン探しも楽だ。
幸いすんなり頼めたので、身軽になって再び駅方向へ。なんとなく、プレラ辺りならあるだろうという勘。それは見事的中し、30分後の枠を確保。移動は吉と出たようだ。
本屋で時間をつぶした後、早速カットをお願いする。ただ伸びただけの状態になっていたので、軽くしてもらおう。これだけでだいぶまともに見えるからね。うなじもすっきりしてもらったし、あとはさらさらスプレーやら前髪軽く固定やら。
初めてのお店にしては思った通りの仕上がりで満足。やはり、いつもの格安のお店よりは若干手間かかってるな。お値段1.5倍分くらいは。

さてと。持ち直した空を見上げて思う。CD あるかなぁ。
…えぇ、行きましたよ。CD 探すためだけに、すぐそこのジャンフェスへ。
でもね。
甘かった! わたしが甘かった!

なにあの大混雑。男子やコスさんのみならず、普通に親子連れもごろごろいるし。ジャンプって読者多いんだなと思った。
しかもありえない超遠回り誘導。一番果てまで行って入場→オリジナルグッズエリアをスルーして展示エリア3分の2スルー→目的のブース→一番駅寄りから通路に出る→何故か中央まで戻されて退場。なんつー無駄な経路。
しかも、そこまでしておきながら肝心の CD が売っていなかったという。絵に描いたような骨折り損。がっくり。風小次ブースの真裏でちょうど D グレの OP 映像(勿論音つき)垂れ流したもんだからって、こっそり歌ってる場合ちゃうわ。

と、徒労に終わったところでそそくさとチェックインした次第。サービスでみかんとバナナが置いてあって助かった。だって今まともに食うとヒルトンにさしつかえる…味はともかく量的に。
ではいよいよ宴に向けて臨戦態勢に入りたいと思います。のでネット作業はここまで! 会場で会えるかもしれない人、また後程!

Like
Share