OtiS IV

金曜は半年ぶりの女子会。おみやげ贈呈も果たし、気になっていた続報も詳しく判明し、みなさんのストレス発散にも貢献できたようでなにより。土曜は旦那さんが飲み会だったんで、市内ぶらぶらしてぼちぼち捗る。たださすがに疲れたので明日は休もう。
さて香港報告はここから2日め突入。

高級店から庶民派まで多種多様な選択肢を持つ、食の街香港。こういう都市ではお宿の朝食より、街に出て好きな朝ごはんを選ぶのが楽しい。

わざわざ朝ごはんのためだけに旺角へ。夜を楽しむ人が多い分、朝の始動が遅く見えるのは仕様です。でも地下鉄めっちゃ混んでた。鬼混み。東京と変わらん。ちょうど平日の朝ラッシュやったもんなぁ(この日は金曜)。

てことで、やってまいりました花園街街市。以前使ったエスカレーターが工事中のため、別のものを探してぐるり半周。

ほう、なかなか効率的なおそうじ方法で。食品を扱う市場だから綺麗にするの大事やね。

見るからに「定位置」で客の出入りを眺めている、まだちょっと眠そうなねこ様おはようございます。

市場にねこが多いのは仕様です。どこの国もだいたい理由は変わらんね。

でだ。ここに来たということは、要するにアレの2年越しおかわりでございまして。

妹記さんおひさしぶりー。一昨年の朝食もココやったけど、うまかったのでやっぱり来てしまう。新たなおかゆ店を開拓するならもう1日滞在期間が必要だ。食材のお値段変動により、この2年で全体ほんのり値上げは致し方ないというか妥当。

それより観てくださいこの立派になったメニュー。日本語が飛躍的に上達(ひらがな重複やカタカナ取り違え等が解消)、さらにタイ語まで。タイの人も来るってことか。とにかくめっちゃ読みやすい。

そしてド定番のピータン&豚のおかゆを2人揃って注文。変わらずうまい。レンゲの大きさからするとたいした量ないように見えるかもしれんけど、なんだかんだで「ごはん」なので満腹感は充分。
さっきの黒猫はこの店付近に居着いているようで、店員さんからちゃっかり具を頂戴していた。おかゆを待つ間に撮影会を敢行する客もちらほら。我々の足元にもごあいさつに来てくれた。一昨年に見かけたのと同じ子なのかまではわからず。

ふー。ごちそうさまでした。

前回よりよく見かける気がする竹の足場をくぐって駅に戻る。

旺角駅で要注意なのは、方面によってのりばのフロアが異なること。当駅を発着する2路線が乗り換え容易なよう、同じ方角へ向かう電車を同じホームにつけている。そのため、南行きエスカレーターに乗ると、北行きホームをつきぬけていく。乗り間違えてあわてる人も1日1人くらいはいるだろうか。
そして、地下鉄利用者の多さを実感する一コマも。

黄色と黒のポロシャツを着た方々は、日本の私鉄でもよくいる乗車整理のみなさん。その丸い板をどうするかというと、

ドアが閉まるタイミングで掲げる STOP 標識。「これからのご乗車はご遠慮ください」より直球やね。つーかホームドア突破して駆け込むやつなんかおらんやろ、と思ったら、やってる人をあとで見かけた。そりゃ見張りも必要になるわ。

Do you like this?

同じカテゴリの記事