OtiS IV

ふと思い立って、またまた別の SNS に手を出す。アレはアレで独特の文化が形成されてるっぽいね。概ね有名アカウントの写真を観たいだけなんで、今んとこは積極的に書き込む可能性は低いかなぁ。
では阪急クマ狩りの巻、内装編を。

特製中吊りジャックは今回も当然のようについてきた。
※4.18追記:神戸だけリテイクしたので2枚とも差し替え。

水兵さん(気合が入っているとは言っていない)。

基本的に「沿線イメージ」と「花見」のセットになっているようだ。何故レモネードなのかと旦那さんが首をかしげていたが、キャラ(中身はともかく設定上)が大人ではないかもという可能性を考えておくことにする。

京都のは淡路からの乗車中にじっくり確保。

和風なのはわかる。だが若干漂う浴衣感&おっさん感(流しの歌手っぽい)。1枚で着てるからか。あとキイロイトリのそれはもはやアロハ。

てな感想を持ったのは、裏がギター持ってる姿だったのも影響してる気がしてきた。弦が4本だからベースじゃないのか、とか細かいことはいいんだよ。

で、帰宅中にこれまたじっくり確保した宝塚。

案の定アレ風味である。キャラ設定に反して全然だらだらしてない。やっぱステッキ持って大階段降りてきて華麗に踊るんですかね(偏見)。

ピンク面積比率超高い。照明もなんかピンク。ホワイトバランスをどこで撮っていいのか戸惑う。

車外向けシールをうっかり撮り忘れたので、とりあえず車内分だけでも。

今回はポーズ集。どう考えてもそんなに長い寝袋はいらない。

電車が「普通」なのは、全線共通で使い回せるからなのか、それとも「そもそも速い動きをするイメージじゃない」からか。

※4.18追記:車外バージョン補完してきた。

桜餅に緑茶での雅な花見風景。あの足で正座できるのはすごい。

あとは妻面の共通枠。

運用固定は一切ないんで、通勤電車でコレに当たるとごゆるりどころではなさそうね。気分だけでも楽になれればいいのかも。

ともかく1日かけてスタンプラリーをこなし、記念のノートをゲット。ついでに西宮で限定グッズにつられる。

えーと、でかい。ノートは B6 相当だが、比較してこのティッシュカバーの迫力たるや。こちらは現在ダイニングテーブル横の棚に置かれており、棚に向かって食事するともれなく目が合うようになっております。

Do you like this?

同じカテゴリの記事