OtiS IV

いつでも必ず初回盤を潤沢に用意して待ってくれている最寄りのタワレコが好き。勿論今回も。ぐるりと観て回って、さあレジへ…と思った瞬間、店内で流し始めちゃったので慌ててお会計。のんびりしていたら2曲め初聴きの楽しみがなくなるー。
さて。では聴くか。ケースはかたい、気分はかるい。

01. ワンルーム・ディスコ
JCD インタビューがすごく有意義だった。ボーカル録り終了後に「(主人公の)性別変わりました」そら仰天やわ。インスト版を聴くと一層よくわかるけど、上物はキュートなふりして、容赦ないベースラインのうねり、たまに入る歪んだブレイク。なるほど。音空間としてはタイトル通り、広がるというよりはどっちかっつーと狭いとこで鳴らしたい感じ。
で。PV インプレであえて飛ばした、歌詞の話。
これ、ただの新生活応援ソングじゃないわ。ひとり暮らしを「半分の生活」と表現したってことは、こないだまで主人公は2人で暮らしていたわけだ。「気分はかるい」と言ってるから、紆余曲折を経て納得して来たのだろうとは思うけど、それでも「キミ」を気にかけてる、多分それが本音。なんかこう、踊らなきゃしょうがない、みたいなせつなさ。

02. 23:30
これが二十歳の証か。テンポ的には c/w 定番の速さなんやけど、ひたすら同じ譜割で微妙な高低をつけながら繰り返すメロディに、音色選択からしてなんだかジャジーでメロウなバックトラック。うーん、おとなだ。じわじわくるね。

総評:
わたしが本格的にハマってまだ1年少々しか経ってないけど、この短期間でも随分変わってきたように思う。やりたい放題(中田さん的な意味で)と一般受けのバランス感覚は相変わらず絶妙な中で、ちょっとずつ手を替え品を替えしてきてるんやな。3人の成長を反映してのことなのかもしれん。
ま、単に耳が中田サウンドに馴染んだだけかもわからんが。

そうそう、DVD。最後の最後にやられた。「録っといて」と言ったスタッフさんグッジョブやわ。

Do you like this?

同じカテゴリの記事