OtiS IV

今回もタワレコ通販にしたところ、お品書きが「CD、DVD、衣類」。ポスターは衣類か。それともポスターと書かれて困る人が一定数存在するのか。ちなみに DVD とは初回特典のことではなく、何故か買いそびれてた前回ドーム分。年末の予習も兼ねて。と、どさくさに紛れて遂にぱふゅライブ初参戦が決定したことを報告しつつ、本年最終リリースと思われるシングルいってみよー。

01. Sweet Refrain
所々ダブステップ風味なところに賛否両論あるようだが、個人的にはあれは必要なもんだと思ってる。概ね明るい展開のメロディライン+優しげな3人の声、だけだと激甘になるところを、尖った音色と細かい刻みのリズム隊をちょこっと混ぜることであえて引き締めるのが目的だろうから。
同じようで微妙に違う展開を繰り返してるうちにじわじわくるイントロや、最後の “Refrain” のリフレイン(わかりづらいな)などは、フルサイズ故の楽しみ方ができていいね。

初回盤のため、付属の DVD も当然おいしく鑑賞。巷では曲とのテイストの違いにこれまた賛否両論あったようだが、「一種の間違い探し」として存分に堪能いたしました。全部書くとおもんないから抜粋にするけど、バウンドするテンポとか、物陰から覗いてるのとか、アルゴリズム体操っぽいとことか、そういうのいろいろ。

02. 恋は前傾姿勢
聴き終わる前から「まえのめーりー」がやたら耳の奥に残るのも大きな特徴ではあるが、なんだろうこのレトロ新しい感。エレピ多めのアレンジの影響か、それとも B♭・F・E♭(即席耳コピなんで違ったらすんません)って辺りのサビメロの持って行き方のせいか。
タイトルの文字列だけ観てもっとイケイケなものを想像してて、どっちかっていうとスタイリッシュ路線が出てきてびっくり。何にせよ好みストライクなんで結果オーライ。

総評:
某スレに「TM で言うと EXPO の後の WILD HEAVEN」とあって、わかりすぎて爆笑した。まさにアレ。完全に兼業ヲタ専用表現だが、アルバム発売直後に未収録曲がシングルとなり、同時期の作品としての雰囲気は引き継ぎつつもまた違うエッセンスが加わってる感じ、とでも言えばええんかな。蛇足だが、タイトルチューンにテレ朝のドラマタイアップがついてるとこまで完全に一致。
先月のアルバム共々、更に聴き込みを深めてドームに備えたい所存でございます。

Do you like this?

同じカテゴリの記事