OtiS IV

今回珍しくネットで購入。別に無精したかったわけではなく、手持ちのタワレコポイントが微妙に中途半端で、期限切れ前に端数を消化するため。オンラインではリアル店頭より小ロットで使えるから、限界まで使い切ってすっきり。ついでにポイント上乗せ期間に購入日を合わせたため、実物を手にしたのは金曜のこと。それで若干乗り遅れた次第。
感想が重複するのもアレなんで、まだ書いてないもの(=春シングル3曲以外)に絞ってみたよ。

01. vibe cluster
頭と最後がインストって虹っぽいな。曲調的にも虹っぽい気がしないでもない。

02. Bet 〜追憶のRoulette〜
本作の収録内容を観てシングル購入見送ったわけだが。一応 “Album ver.” とはいえ誤差範囲かなと。サビの疾走感がいいね(ライブには負けるけど)。しかし何度聴いても Round が「わーんわーん」にしか聴こえない。

04. Star Tribal
これツアーの他日程でやったんだっけ。今回こういう荘厳系に振ってくるとは思わんかったので、まずイントロで少々びっくり。でもサビ前半がいわゆる先生節の鉄板進行、後半はいかにもあくせすっぽい憂い系。妙にほっとした。

05. Let me go
あいぽん使いとしてはイントロ最初の1音が反則すぎて笑った。それ標準のメール着信音ですやん! ライブで思った通り、これは深く考えずにリズムを楽しんでえーおーえっえっおーする曲という認識で合ってると思う。

06. Stand By
わりとソリッドというか透き通る雰囲気でいいね。ヒロのファルセットも含め、固定音源でじっくり聴けるのはありがたい。多分「今年作った曲」の中では一番ツボかな。

08. f☆R☆E☆e
何回観てもぶっとんだ表記だが、曲自体はとってもクールでありホットでもあり。しかしこのライブを意識しまくった構成、ライブと同時進行で作ったのが非常によくわかる。

10. Secret Dimension
これまたインスト。歪み系の音多用で01とはわりと真逆の感じ。ミニクラ行ってないけど、こんな感じだったのかね。

11. 20th Sincerely
最後の最後にしっとりスロー。穏やかな心境で、これからもよろしくね、ってとこかな。

総評:
20周年記念にまさかの「ツアーほぼ終わってからリリース(間に合うのは追加公演のみ)」というびっくりスケジュールだったわけだが、中野初日で某お友達に「ライブで初耳だった曲は CD が不安」て正直に言ったら、IM ではそれが通常運転だったと聴いて妙に納得。まあ自宅じゃ音圧足りないのは認めざるを得ないものの、ポジティブに言えばライブの思い出補正が入るし。
要するに半分くらいは思い出補正でできています。ヒロすごかったなぁ(そこかい)。
あと今回やたら音がいいなと。取り急ぎ素のまっくで聴いたけど、今度ヘッドホン使うか。

Do you like this?

同じカテゴリの記事