OtiS IV

実家からお歳暮の横流し品が届いた。今度はハム。しかもちっちゃいのがたくさん。先日もらった野菜も相当な勢いで食べてる割にはまだ半分くらいあるし、しばらくは在庫でどうアレンジして食卓に変化をつけるかが問われそう。
さて香港ですが、空港で観たものの巻もそろそろおしまい。次回最終回。

ひこーき写真としての出来はさておき、目撃したことに意味があると言い張りたいシーンも散見された。

港龍が並ぶゲートにやってきた「国泰港龍」。今後は赤い尾翼の方に統一が進む。

ちょうど転がっている最中に気づき、あまりにも見慣れぬ柄に必死で追うもこれが限界。フィジーエアウェイズ、とな。フィジーってどこだっけと思って今確認したら、オーストラリアの近所。そしてやっぱり元英領。

日本ではどんどん遭遇機会を減らしている(気がする)A380 もここでは健在。

今回滞在中に見かけたのは、いずれも成田で見覚えのある陣営。こちらのシンガポールと、

あとはエミレーツ。お? なにやらステッカーがついていますね。EXPO 2020 DUBAI UAE とな。どうやら4年後の秋から半年ほど開催される万博のようだ。既に公式サイトも存在するが、いかにもドバイらしいキラキラな予想図が素敵。

この日もやっぱり東向きに離着陸する運用。しばらく窓にくっついていろいろ見送ってみた。多少の写り込みはごめんなさい。

イギリス勢多めと言ったってアメリカもいます。

おっ、今日の NCA は新型の方だ。しかもいい具合に翼から糸ひいてる。

明らかに日本とは異なる景色の中で、日本の会社が頑張っているのを観るのは、ちょっと新鮮。

実は A350 が飛ぶっぽいからそれを撮るのが最終目標やってんけど、残念ながらとんでもなく上がりが早く、しかも上空は見事な曇り。ま、雨降ってないだけ御の字ってことにしとかんとね。

そんなこんなで、ぼちぼち搭乗ゲート前にて待機するとしましょう。

て、そのゲート番号がまさかの「68」。要するに Y 字の右上先端である。結局 Y 字を全部歩いてしまったわけで、そりゃ疲れもするわ。前回すごく便利なところにつけてもらったのは、成田便だったからなのかなぁ。

Do you like this?

同じカテゴリの記事