OtiS IV

またまた予定を変更して今日撮ったモノのお話を。世間的にはだいぶ出遅れているわけだが、自分できちんとしたのを撮影したのはこれが初めてなんでよしとする。それより、R2-D2 を撮ったんがもう1年以上前と気づいて時の流れの速さにしみじみ。

羽田便にしてはだいぶ遅い、14時台前半の半ば頃。小雨ぱらつく残念なお天気の伊丹へ、主役はようやく現れた。

スターウォーズ塗装シリーズ最後発となった C-3PO ジェット。

実を言うと先週土曜、ドックから出ているのを買い物帰りに見かけ、あわてて駆けつけるもちょうどお片付けタイムとなってしまい、まあ黄色い胴体は一応見えましたけど程度の証拠写真だけ撮って帰る、という出来事があった。その後、日曜は別のおでかけを楽しんでいる間に羽田へ飛び去り、昨日は歯医者やらなんやらでタイミングが合わず、と撮影機会を逃しまくっていたため、今日は悪天候を押しての見物を決めた次第。

特別塗装あるある「後追いじゃないと肝心のロゴが見えない」は同機にもあてはまる模様。

通過する JAL のブリッジには 2020 が停まっていた。遥か彼方の銀河系の話と、数年後の近い未来の話が、束の間の交差。

観ての通り、着陸のお迎えはスカパーで。前回のように駐車場難民になるのもアレなんで、今回は早めに現地入りしておいた。

すっかりレギュラー入り感のあるスタアラやら、

まともに撮ったのは初めてかもしれない東北フラワーやら、

羽田便全体にダイヤ乱れが感じられる状況により、またも 787 兄弟ショットが発生するやら、短時間ながら見所はいろいろあった模様。

で、お見送りはというと、先日旦那さんがロケハンしてきた滑走路東側のポイントへ。あのへんも公園として整備してくれりゃええのに、などと思いつつ。

周囲に幾人もの同業氏が並ぶ中、タキシングしてくるところを待ち構えて。

事前にそこまで計算してたわけじゃないけど、スカパー側に施された itAMi のロゴが見事ジャストな位置に。

もともと存在感ある大型の機体に、この派手なカラーリングも加わって、助走する姿は迫力満点。

国内用機材だからまた観ることもあろうけど、まずは綺麗なうちに観れてよかった。ちなみに現場でも周囲から聴こえてきたんだが、コレの通称「たくあん」てのはもう決まりでいいんすかね。

Do you like this?

同じカテゴリの記事