OtiS IV

先日思いつきで酒粕を買ってあったので、今日は粕汁。ちょっと作りすぎたのを除けば、あったまる食べ物としてはいいかもしんない。問題は他にナイスな酒粕レシピがあるかどうかだ。まだ4分の3は残ってるんすよ。
さて今回は2月中旬、例によって近場のお話。

この日は14日。世はバレンタイン当日だが、前倒し開催しちゃった当家は普通に撮影デー。ということでスカイランドに来てみた。そういえば、初めて伊丹周辺に撮影目的で来たのはちょうど6年前(厳密には1週間後)。当時から少しは上手くなっただろうか。

しかしランドといったら着陸狙いなわけだが、この日はなかなかにアレだった。上のは比較的ましな方だけど他が。

誰がどう観ても片足立ち。あー、風強いもんねー。

ちょうど昼前、787 が来る頃合い。

山を背景にと意識してたら、途中で別のことに気づいて方針転換。パークより視点が低いからか、おなかの反射がよく見える。787 の数字の真下に 32 が入った。

最新鋭機なら余裕かと思いきや、やっぱり微妙に左から降りる。

とにかくどこをとっても傾いてるものだらけ。

傾きナンバーワンはこちらの方だったと思われます。左の翼がだいたい地面と平行。うん、かなりですね。

ボンも結構長い方に降りてきたのは、制動距離に余裕が欲しかったのか、単に空いてたからか。

ものによっては左右にふわふわ漂うように風をいなしていた。

視程のバロメーター、生駒もだいぶくっきり。空港周辺のみならず、大阪全般に強風だったのだろう。

観てる方は見守ってるだけだが、乗ってる方はたまったもんじゃないわな。

さっき来た 787 が去る頃になっても、着地おっとっと大会は継続中。

一定以上の風になるとランディングに苦労するのは、機材の大小を問わないようだ。中の人の皆様おつかれさまです。

Do you like this?

同じカテゴリの記事